書籍検索


  • S&T出版セミナー専用サイト

商品はお決まりになりましたか?

カゴの中を見る

商品数 : 0 点

合計 : 0 円

SSL グローバルサインのサイトシール
SSLとは?
TOP >
エネルギー・電池
市場・企業・業界動向
( Z053 )

リチウムイオン電池 製品・材料・用途別トレンド 2013

リチウムイオン電池 製品・材料・用途別トレンド 2013

発刊日
2013年04月15日
体裁
A4判 並製 225頁
ISBN
978-4-7813-0804-3
Cコード
価格(税込)
81,000
( STbook会員価格(税込)STbook会員価格
81,000 円)

【送料】当社負担


発行
(株)シーエムシー・リサーチ
≪割引特典対象外、キャンセル不可≫
※本レポートは書店様からもS&T出版にお申込みいただけます。


※会員登録やログイン時にエラーメッセージが表示される方は、FAX(申込用紙はこちら)でお申込みください。当社でエラー内容を修正の上、今回のお申込み書籍からSTbook会員価格で承ります。

>

冊数:
PDFパンフレット(Z053 書籍「リチウムイオン電池 製品・材料・用途別トレンド 2013」)

著者リスト

(株)シーエムシー・リサーチ編集部

趣旨


★リチウムイオン電池の業界の動向
★主要4部材、LiB構成材料の市場およびメーカー動向
★車載向けLiBおよびワイヤレス給電の開発動向
★定置用、住宅用蓄電池の開発動向

 近年、リチウムイオン電池の世界市場は拡大しているが、新規参入と技術水準の向上等など競争は激化している。車載用はEV市場の立ち上がりが遅れ、期待に反して関連企業の業績の低迷に直面したが、2013年には成長軌道に入るとみられる。また、電力需給の逼迫とともに蓄電池需要が広がりを見せ、中・大型蓄電市場が再評価されている。LiB関連では、ワイヤレス給電技術の国際標準化作業などが進行し、EV向けの急速充電器は、規格の世界標準争いが起きている。またスマートハウス関連市場が、2020年に世界で12兆円が創出されると予想されるなど期待が大きい。
 本レポートは、急激な成長が見込まれる、中・大型LiBの、製品、構成材料、用途別の市場、参入企業の事業を調査しまとめたものである。リチウムイオン電池に係わる多くの方々のお役にたてると確信する。


目次


第1章 リチウムイオン二次電池業界の動向
1 概要 
2 リチウムの生産方法 
 2.1 鉱物採取からかん水方式へ 
 2.2 リチウム産出の主要国 
3 リチウムイオン二次電池の市場 
4 形状と市場動向 
5 主要4部材世界市場規模 
6 生産数量と販売数量 
7 世界シェア 
8 韓国 
9 中国 
10 米国 
11 今後の電池コスト予測 
12 ボーイング787のバッテリー発火問題とその余波 
13 メーカー動向 
 13.1 パナソニックグループ(三洋電機) 
 13.2 ソニー 
 13.3 ジーエス・ユアサ コーポレーション 
 13.4 NEC 
 13.5 日立製作所 
 13.6 東芝 
 13.7 エナックス 
 13.8 エリーパワー 
 13.9 サムスンSDI 
 13.10 LG化学 
 13.11 BYD(比亜迪) 
 13.12 BAK(比克) 
 13.13 コンチネンタル 
 13.14 主なリチウムイオン二次電池メーカーの動向一覧


第2章 構成材料の市場動向
1 主要4部材の市場 
2 正極材料 
 2.1 概要 
 2.2 市場動向 
 2.3 正極活物質 
 2.4 今後の競争環境 
 2.5 正極材の動向 
 2.6 メーカー動向 
  2.6.1 主なコバルト系メーカー 
  2.6.2 主なマンガン系メーカー 
  2.6.3 主なニッケル系メーカー 
  2.6.4 三元系の主なメーカー 
  2.6.5 リン酸鉄系の主なメーカー 
  2.6.6 その他のメーカー 
3 負極材料 
 3.1 概要 
  3.1.1 炭素系材料 
  3.1.2 新材料 
 3.2 市場動向  
 3.3 メーカー動向 
  3.3.1 炭素系材料メーカー 
  3.3.2 新材料系メーカー 
  3.3.3 海外メーカー 
 3.4 負極活物質 
4 電解液・電解質 
 4.1 概要 
 4.2 電解液溶質材料 
 4.3 市場動向 
 4.4 メーカー動向 
  4.4.1 六フッ化リン酸リチウム(LiPF6)を電解質に用いるメーカー 
  4.4.2 六フッ化リン酸リチウム(LiPF6)メーカー 
  4.4.3 電解液メーカー 
 4.5 全固体電池の特徴 
 4.6 電解液・電解質の見通し 
5 セパレータ 
 5.1 概要 
 5.2 市場動向 
 5.3 セパレータの構造 
 5.4 メーカー動向  
  5.4.1 既存メーカーの動向 
  5.4.2 新規参入(予定を含む)メーカー 
  5.4.3 セパレータ今後の展望 
6 リチウムイオン二次電池製造装置の動向


第3章 ポストリチウムイオン二次電池の動向
1 概要 
2 既存リチウムイオン二次電池の改良 
3 容量が2倍の革新電池 
4 容量が3倍以上の革新電池 
 4.1 金属空気電池 
 4.2 全固体電池 
 4.3 多価イオン電池 
 4.4 ナトリウムイオン電池 
 4.5 シリコン+硫黄


第4章 用途別市場動向産業用
1 概要 
2 車載用途 
3 業界動向 
4 自動車メーカーの動向 
 4.1 トヨタ自動車 
 4.2 本田技研工業 
 4.3 日産自動車 
 4.4 三菱自動車工業 
 4.5 富士重工業 
 4.6 ダイハツ工業 
 4.7 ゼネラル・モーターズ(GM) 
 4.8 フォード・モーター・カンパニー 
 4.9 クライスラー 
 4.10 ダイムラー 
 4.11 フォルクスワーゲン 
 4.12 PSA・プジョーシトロエン 
 4.13 いすゞ自動車 
 4.14 マツダ 
 4.15 スズキ 
 4.16 主な自動車メーカーの動向一覧


第5章 車載向けリチウムイオン二次電池
1 業界・市場動向 
2 車載用リチウムイオン二次電池市場 
3 コスト、予測 
4 中国 
5 米国 
6 電気自動車のデメリット


第6章 ワイヤレス給電
1 概要 
2 業界動向 
3 国際標準 
4 Qi規格 
5 コンボか、チャデモか 
6 業界動向 
7 ワイヤレス給電市場 
8 V2H (EVを活用したエネルギーマネジメント) 
9 充電スタンド 
 9.1 概要 
 9.2 業界動向 
 9.3 主な充電インフラメーカーと充電インフラサービス事業


第7章 定置用リチウムイオン二次電池の市場展望
1 概要 
2 業界動向 
3 企業動向 
4 大型エネルギー用途 
5 蓄電システムの種類 
6 企業動向 


第8章 住宅用途、市場
1 概要 
2 市場・業界動向 
3 HEMS 
4 企業動向 
5 商社


→内容見本1
→内容見本2
→内容見本3
→内容見本4
→内容見本5