書籍検索


  • S&T出版セミナー専用サイト

商品はお決まりになりましたか?

カゴの中を見る

商品数 : 0 点

合計 : 0 円

SSL グローバルサインのサイトシール
SSLとは?
TOP >
エネルギー・電池
( Z263 )

xEV・LIB・LIB部材の最新業界レポート 2020

xEV・LIB・LIB部材の最新業界レポート 2020

発刊日
2020年01月20日
体裁
A4判 並製 211頁
ISBN
978-4-904482-70-4
Cコード
価格(税込)
99,000
( STbook会員価格(税込)STbook会員価格
99,000 円)

メルマガ登録者:81,000円+税
CD(PDF版)セットもあります。
書籍+CD(PDF)セット:100,000円+税(メルマガ登録者:90,000円+税)
※お申込時にご指定の無い場合は書籍版の購入とさせていただきます。

※メルマガはシーエムシー・リサーチ、S&T出版両社の登録になります。
メルマガ登録価格でのお申込みは、以下いずれかでお願いいたします。
  1)STbook会員でe-mailを希望されている方。当社Eメール会員の方は自動で適用
  2)FAXでのお申込み時にe-mail配信希望を選択
  3)Webからのお申込みは、入力自由記入欄(送付先等入力後次の画面)に「メルマガ登録価格希望」と記載
 ※web上でのお申し込み時の自動表示、自動返信メールにはメルマガ登録価格は表示されませんが、その後にメールで登録価格での受領連絡をいたします。


【送料】当社負担
発行 : (株)シーエムシー・リサーチ
≪メルマガ以外の割引特典対象外、ご注文後のキャンセル不可≫

冊数:

著者リスト


シーエムシー・リサーチ調査部


趣旨


 各社がしのぎを削る中国のEV市場で異変が起きている。中国政府はEVやPHEVなどの新エネ車(NEV)を成長産業の柱と位置づけ、購入に手厚い補助金を支給し支援してきた。
 しかしながら、中国では2019年6月からNEVに対する補助金が最大6割削減され、その影響が予想を上回り、EVとPHEVの販売台数が急減している。また、中国はEV購入に対する補助金をさらに削減することを検討している。急成長してきたEV市場は深刻な低迷に直面しており、補助金削減が新たな打撃となる恐れがある。
 一方、HEVは、ZEV規制や中国NEV規制のクレジットから外されたが、近年、欧州や中国でも消費者の関心が高まり販売を急速に伸ばしている。
 自動車業界の冷え込みに伴い、2019年の車載用LIB市場は前年比116.6%の70,500MWhと見込む。もっとも自動車メーカーとLIBメーカーの間で深刻な問題が起きている。3カ月先になる代金回収と、EVの補助金受取の時間がかかってしまうことである。EVの販売がなければ、自動車メーカーは資金を圧縮し、LIBメーカーへの代金返済は遅れ、自動車産業の発展が停滞してしまう。
 ただ、長期的な展望でみてみると、2020年後半以降、欧州・中国の自動車メーカーがEV、PHEVを市場投入し、2030年にかけて急激に台数が増加していくと予測されている。EVへのシフトが世界的に加速していく。材料メーカーは、こうした変化に対応するためにEV、PHEV、HEVが、いつ普及期に入るかを探り、素材の増産を行うことになるだろう。
 本レポートでは、EV・PHEV・HEVの販売予測、車載用LIB、及び車載用LIB材料の市場動向、さらに2020年頃から市場が形成される全固体LIBの展望を掲載した。また、自動車メーカーのビジネス戦略として、EV、LIB、中国の3つのテーマで追った。
シーエムシー・リサーチ調査部


目次


第1章 EV・PHEV・HEV
1. 世界におけるEV・PHEV・HEVの販売予測
2. 中国における国営・民営の自動車メーカー
3. 中国におけるNEVの動向
4. 自動車メーカーのビジネス戦略
1) トヨタ
2) ホンダ
3) 日産自動車
4) VW(フォルクスワーゲン)
5) アウディ
6) BMW
7) ゼネラルモーターズ(GM)
8) フォード・モーター
9) ダイムラー
10) ボルボカーズ
11) PSAグループ
12) テスラ
13) ジャガーランドローバー
14) スバル
15) マツダ
16) スズキ
17) 三菱自動車
18) 現代自動車
19) 北京汽車
20) 東風汽車
21) 長城汽車
22) 長安汽車
23) 第一汽車
24) 上海汽車
25) 広州汽車
26) 吉利汽車
27) BYD(比亜迪汽車)
28)蔚来汽車(NIO)
29) 奇点汽車
30) 江西昌河汽車(旧;江西昌河鈴木汽車)
31) Byton(バイトン)
32) 小鵬汽車

第2章 車載用リチウムイオン電池(LIB)
1. 世界の車載用LIBの市場動向
2. 車載用LIBの企業別シェア
3. 中国におけるLIB業界
3.1 中国のLIBメーカーの動向
3.2 主な車載用LIBメーカーの工場建設の状況
3.3 中国における大学研究
4. 韓国のLIBメーカーの動向
5. 中国政府と韓国のLIBメーカーとの関係
6. 中国のLIBメーカー
1) 寧徳時代新能源(CATL)
2) 比亜迪(BYD)
3) 国軒高科
4) 万向集団
5) 沃特瑪
6) 杉杉集団
7) 中航?電
8) 北京普莱徳
9) 比克動力
10) 波士頓電池
11) 力神電池
12) 孚能科技
13) 恵州億緯
14) 中国動力
15) BESK
16) 東方精工
17) 広東猛獅科技
18) 温斯頓電池
19) 銀隆新能源
20) 天津捷威
21) 台湾工業技術研究院(ITRI)
22) 寧波均勝電子
23) 中国科学院長春応用化学研究所
24) 中国恒大集団
7. 日本・韓国のLIBメーカー
1) パナソニック
2) エンビジョンAESCグループ
3) LG化学
4) サムスンSDI
5) SKイノベーション
6) GSユアサ
7) 東芝
8) リコー
9) プライムアースEVエナジー
10) カネカ
11) ビークルエナジージャパン(旧 日立ビークルエナジー)
12) 三洋化成工業
13) AKASOL
14) 関西ペイント
15) ソフトバンク
16) パイオトレック
17) 山形大学
18) 積水化学工業
19) 京セラ
20) ソーデナガノ
8. 全固体LIB
8.1 概要
8.2 固体電解質材料の種類
8.3 全固体LIBの量産化への課題
8.3.1 材料面
8.3.2 量産化
8.4 全固体LIBの市場動向
8.5 企業動向
1) トヨタ自動車
2) サムスンSDI
3) 日立造船
4) マクセル
5) 出光興産
6) TDK
7) 村田製作所
8) 太陽誘電
9) FDK
10) 日本特殊陶業
11) オハラ
12) imec
13) Ilika
14) ダイソン
15) 冨士色素
16) GSアライアンス
17) 三桜工業
18) APB
19) 新東工業
20) NEDO
21) 首都大学東京
22) イリノイ大学
9. その他のLIB関連企業
1) デンカ
2) ホソカワミクロン
3) ジェイテクト
4) トヨタ紡織
5) 日立金属ネオマテリアル
6) JSR
7) 昭和電工
8) 京セラ
9) 村田製作所
10) タナベ
11) 太陽誘電
12) 三洋化成工業
13) クンプラン・パワーネット
14) ボルグワーナー
15) 米陸軍研究所
16) アップル
17) 秋田大学


第3章 車載用LIB材料
1. 概要
2. 中国政府の動向(LIB材料編)
3. 正極材
3.1 概要
3.2 正極材の市場動向
3.3 正極材メーカーのマーケットシェア
3.4 中国における正極材の動向
3.5 正極材メーカー
1) 湖南杉杉
2) 住友金属鉱山
3) ユミコア
4) BYD
5) 三井金属鉱業
6) 日亜化学工業
7) 金和?電材料
8) 天津斯科?德(SKLD)(旧天津斯特蘭能源)
9) 北大先行科技産業
10) 田中化学研究所
11) 住友化学
12) 住友大阪セメント
13) JFEミネラル
14) 本荘ケミカル
15) オルガノ
16) 戸田工業
17) 日本化学産業
18) 新日本電工
19) 日揮触媒化成
20) 天津斯特蘭能源
21) 北京当升材料
22) 厦門?業(アモイタングステン)
23) 天津国安盟固利新材料
24) 湖南瑞翔新材料
25) 寧波容百新能源科技
26) 中信国安盟固利?源技?
27) 格林美(GEM)
28)エコプロ
29) 天津巴莫科技
30) 尚志精密化学
31) 天賜高新材料
32) 金川集団
33) L&F
34) BASF
35) ポスコ
36) ジョンソン・マッセイ
37) ノースウェスタン大学
38) オハラ
39) 日本スピンドル
40) コスモ新素材
4. 負極材
4.1 概要
4.2 炭素系材料
4.3 新材料
4.4 負極材の市場動向
4.5 負極材メーカーのマーケットシェア
4.6 中国における負極材の動向
4.7 負極材メーカー
1) 貝特瑞新能源(BTR)
2) 上海杉杉科技
3) 日立化成
4) 三菱ケミカル
5) 日本カーボン
6) 昭和電工
7) 寧波杉杉新材料
8) 江西紫宸科技
9) JXTGエネルギー
10) 日本黒鉛工業
11) 東レ
12) クレハ
13) 大阪ソーダ
14) 三菱マテリアル
15) 住友ベークライト
16) 東海カーボン
17) 東芝インフラシステムズ
18) 東邦チタニウム
19) 大阪ガスケミカル
20) 新日鉄住金化学
21) ACA
22) ポスコ
23) キャタラー
24) シラ・ナノテクノロジーズ
25) シノケム・インターナショナル
26) JFEケミカル
27) 中鋼炭素
28)産業技術総合研究所
5. セパレーター
5.1 概要
5.2 セパレーターの市場動向
5.3 セパレーターメーカーのマーケットシェア
5.4 中国におけるセパレーターメーカーの動向
5.5 セパレーターの今後の展望
5.6 セパレーターメーカー
1) 旭化成
2) 住友化学
3) 帝人
4) 宇部興産
5) 宇部マクセル
6) 東レBSF(東レバッテリーセパレーターフィルム)
7) BYD
8) SKイノベーション
9) 星源材質
10) 三菱ケミカル
11) ダブル・スコープ
12) JNC
13) ニッポン高度紙工業
14) 三菱製紙
15) 三井化学
16) 日本製鋼所
17) 日本バイリーン
18) 積水化学工業
19) A1)2)3)システムズ
20) 大昌鉄工所
21) 群馬大学
22) 物質・材料研究機構
23) 特種東海製紙
24) 天間特殊製紙
25) 格瑞恩
26) 仏山金輝
27) 滄州明珠
28)上海恩捷新材料科技(上海エナジー)
29) エボニック
6. 電解液・電解質
6.1 概要
6.2 電解液溶質材料
6.3 電解液の市場動向
6.4 電解液メーカーのマーケットシェア
6.5 中国における電解液メーカーの動向
6.6 電解液メーカー
1) 三菱ケミカル、宇部興産
2) 三菱ケミカル
3) セントラル硝子
4) BYD
5) 三井化学
6) 国泰華栄
7) 天賜材料
8) 東莞市杉杉
9) BASF
10) PANAX ETEC
11) 和光純薬工業
12) 新宙邦
13) 多?多
6.7 電解質メーカー
1) 森田化学工業
2) 日本触媒
3) 出光興産
4) 日立化成
5) LIB材料評価センター(LIBTEC)
6) 東ソー・ファインケム(旧東ソー・エフテック)
7) 三井金属鉱業
8) クレハ
9) MI6)、キシダ化学、東京大学、三井物産
10) 青山控股集団
11) フソン
7. リサイクル
7.1 概要
7.2 課題
7.3 企業動向
1) ユミコア
2) 住友金属鉱山
3) DOWAホールディングス
4) BASF
5) JX金属
6) 三菱マテリアル
7) SKイノベーション
8) リトリーブ・テクノロジーズ
9) ネオメタルズ
10) 伊藤忠商事
11) アキュレック

掲載見本
見本