書籍検索


  • S&T出版セミナー専用サイト

商品はお決まりになりましたか?

カゴの中を見る

商品数 : 0 点

合計 : 0 円

SSL グローバルサインのサイトシール
SSLとは?
TOP >
材料・測定・分析・合成
市場・企業・業界動向
( Z208 )

メディカルの将来を予測した機能性プラスチックの分野別実用化動向と将来展望

メディカルの将来を予測した機能性プラスチックの分野別実用化動向と将来展望

発刊日
2018年09月14日
体裁
A4判 200頁強(ハードコピー)
ISBN
Cコード
価格(税込)
250,001
( STbook会員価格(税込)STbook会員価格
250,001 円)

※システムの都合で上記では価格が250,001円になっていますが、税込250,000円です
≪割引特典対象外・ご注文後のキャンセル不可≫
【送料】当社負担
本書籍は書店様にも割引はありません。

発行(有)カワサキテクノリサーチ

冊数:

著者リスト


KTR資料作成プロジェクトチーム


趣旨


 近年様々な方から自社製品・技術のメディカル・バイオ分野への展開についてご相談を頂いている。メディカル分野では様々なプラスチックが使用され、各プラスチックの特徴を活かした製品開発が進められている。例えば「ガラス代替」「金属代替」などの既存の材料の置き換えから、新規治療法や新規診断法等の開発に伴う新しい材料がある。また医療機器の「再利用」を目指した取り組みなども注目される。このようなプラスチック材料は、メディカル用途に特有な要求特性などが存在している。
 そこで今回、メディカル用途における「機能性」プラスチックに焦点を当てて情報を収集し、資料集を作成したいと考えた次第である。弊社独自の視点として、樹脂の特徴と用途、技術開発の動向について、また医療・診断分野の課題と取り組みなどについて様々な角度から取り上げて整理してみたい。


目次


<記載内容(調査項目)>

第1章 メディカルプラスチックの開発の歴史と現状
 1-1 開発史
 1-2 メディカル用途に使われている樹脂
 1-3 各樹脂の特長、性能比較
 1-4 メディカル用途に使うためには?
第2章 メディカルプラスチック関連プレイヤー
 2-1 樹脂メーカー
 2-2 樹脂成形加工メーカー
 2-3 金型メーカー
 2-4 医療機器メーカー
 2-5 部品供給メーカー
 2-6 商社
 2-7 学術・研究機関(対象領域別)
第3章 注目樹脂の特徴と製品用途検討例
 3-1 PEEK 系樹脂
 3-2 サルフォン系樹脂
 3-3 エーテルイミド系樹脂
 3-4 フッ素系樹脂
 3-5 生分解性樹脂
 3-6 エラストマー
 3-7 その他
第4章 成形方法別メディカルプラスチック
 4-1 押出成形品
 4-2 射出成形品
 4-3 インフレーション成形品
 4-4 切削加工品
 4-5 その他
第5章 メディカルプラスチックの技術開発動向
 5-1 特許から見たメディカルプラスチックの技術開発動向
 5-2 海外での開発事例
 5-3 樹脂別の開発動向
 5-4 表面処理、コーティング技術の動向
 5-5 注目メーカーの戦略分析
 5-6 注目すべき材料組み合わせ事例
 5-7 再利用に向けた取り組み
第6章 メディカル分野の代表的な用途
 6-1 インプラント用途
 6-2 カテーテル用途
 6-3 透析用途
第7章 異業種からの参入成功例
 7-1 朝日インテック
 7-2 ハイレックスコーポレーション
 7-3 グンゼ
 7-4 その他
第8章 市場推移予測
 8-1 樹脂別市場予測
 8-2 注目用途別市場予測
 8-3 成形方法別市場予測

※項目は予告なく変更されることがあります。予めご了承ください。
掲載見本
見本