書籍検索


  • S&T出版セミナー専用サイト

商品はお決まりになりましたか?

カゴの中を見る

商品数 : 0 点

合計 : 0 円

SSL グローバルサインのサイトシール
SSLとは?
TOP >
市場・企業・業界動向
( Z219 )

2019年 世界ヘルスケア・医療統計データ(アジア・北米・欧州版〉

2019年 世界ヘルスケア・医療統計データ(アジア・北米・欧州版〉

発刊日
2018年12月07日
体裁
A4判 約184頁 簡易製本
ISBN
Cコード
価格(税込)
64,800
( STbook会員価格(税込)STbook会員価格
64,800 円)

※書籍+PDF版(CD)セット(80,000円+税)もあります。
 セット版をご購入の方はお申込み時に「書籍+PDF版セット希望」とご連絡ください。
※web上でのお申し込み時の自動表示、自動返信メールには書籍版の価格が表示されますが、その後にメールでセット版価格での受領連絡をいたします。


≪割引特典対象外・ご注文後のキャンセル不可≫
【送料】当社負担
本書籍は書店からは当社にお申込みいただけません。

発行:(株)エムディーアイ・ジャパン

冊数:

著者リスト


編集 (株)MDIジャパン


目次


A) アジア・欧米各国一覧データ
a-1) 世界人口の推移(2006-2050年) ---1
a-2) 人口上位20ヶ国の推移<1>(2011年) ---2
a-3) 人口上位20ヶ国の推移<2>(2030年) ---3
a-4) 人口上位20ヶ国の推移<3>(2050年) ---4
a-5) 男女、年齢5歳階級別人口<1> ---5
a-6) 男女、年齢5歳階級別人口<2> ---6
a-7) 男女、年齢5歳階級別人口<3> ---7
a-8) 男女、年齢5歳階級別人口<4> ---8
a-9) 男女、年齢5歳階級別人口<5> ---9
a-10) 各国の男女別平均寿命(2015年) ---10
a-11) 各国の出生数(2004-08年) ---11
a-12) 各国の出生率の推移(2000-35年) ---12
a-13) 各国の死因別死亡率<1> ---13
a-14) 各国の死因別死亡率<2> ---14
a-15) 15歳以上の過体重・肥満人口(2009年) ---15
a-16) 各国の医師数・病床数) (2006-2011年) ---16
a-17) 各国の医療費支出(2013年) ---17
a-18) 各国の医療従事者数(2012年) ---18
a-19) 各国の病院数と病床数(2012年) ---19
a-20) 各国の政府医療出費(2012年) ---20
a-21) 中南米の人口と予測(2007-2030年) ---21
a-22) 中南米の年齢層別人口推移(2000,10,20年) ---22
a-23) ヘルスケア出費構成比(2008年) ---23

B) アジア国別データ
a) 中国
a-1)  人口及び性別人口構成(2005-16年) ---25
a-2) 年齢層・性別人口(2000-16年) ---25
a-3) 平均余命(1981-2015年) ---26
a-4) 都市住民の上位疾病死亡率(2016年) ---26
a-5) 医療機関別施設数(2009-16年) ---27
a-6) 医療従事者数(2007-16年) ---27
a-7) 人口千人当たり医療従事者数(1980-16年) ---28
a-8) 医療施設の病床数推移(2007-16年) ---28
a-9) 病床数推移(2009-14年) ---29
a-10) 医療施設利用状況(2007-16年) ---30
a-11) 医療費(2005-16年) ---30

b) 台湾
b-1) 人口推移(2005-16年) ---32
b-2) 人口推計(2017-31年) ---32
b-3) 出生・死亡数(2007-16年) ---33
b-4) 原因別死亡数(2007-16年) ---34
b-5) 主要癌死亡数(2012-16年) ---35
b-6) 医療従事者数(2007-16年) ---36
b-7) 医療施設数、病床数(2007-16年) ---37
b-8) 薬業商数(2007-16年) ---38

c) 韓国
c-1) 人口推移(2004-17年) ---40
c-2) 年齢層・性別人口予測(2030、40、50年) ---41
c-3) 平均余命(2000、2010、2013年) ---42
c-4) 原因別死亡数(2013年) ---43
c-5) 病院・医院数(2012-16年) ---44
c-6) 病床数(2012-16年) ---44
c-7) 医療従事者および薬剤師の数(2008-16年) ---45
c-8) 医療センターの人材数(2012-16年) ---45
c-9) 有資格の医療専門家数(2000-16年) ---46
c-10) 主な感染症件数(2005-13年) ---47
c-11) 製薬会社、薬剤販売業者数(2003-13年) ---48
c-12) 社会福祉施設数(2009-16年) ---48
c-13) 医療用扶助プログラム(2010-16年) ---49
c-14) 健康保険の被保険者数(2008-16年) ---49

d) 日本
d-1) 総患者数,性×傷病分類別(2014年) ---51
d-2) 悪性新生物死亡数(その1、2011、14年) ---53
d-3) 悪性新生物死亡率(その2、2011、14年) ---54
d-4) 傷病別患者数(2011年) ---55
d-5) 手術数(2002、2005年) ---56
d-6) 医療施設数(2014、2016年) ---57
d-7) 病床数(2011、14、16年) ---57
d-8) 開設者別医療施設数(2011、14、16年) ---58
d-9) 病床規模別医療施設数(2012、14、16年) ---59
d-10) 医療施設の医師数・歯科医師数(2016年) ---60
d-11) 病院の従事者数(2013、14年) ---61
d-12) 一般病院数、診療科目別(2012-14年) ---62
d-13) 一般診療所数・歯科療所数(2014年) ---63
d-14) 医療機器生産金額(2014、2015年) ---64
d-15) 医療機器輸出入金額の推移(2013-15年) ---64
d-16) 医薬品生産金額(2014、15年) ---65
d-17) 医薬品輸出入金額(2014、15年) ---66
d-18) 医薬部外品生産(2014、15年) ---67
d-19) 衛生材料生産額(2014、15年) ---67
d-20) 介護保険施設、事業所数(2012、13年) ---68
d-21) 開設主体別の介護保険施設数 (2013年) ---69
d-22) 定員階級別施設数・構成割合 (2013年) ---69
d-23) 開設主体別介護サービス事業所数(2013年) ---70
d-24) 介護予防サービスの要支援度別利(2013年) ---71
d-25) 介護サービスの要介護度別利(2013年) ---72

e) タイ
e-1) 登録人口:性別(2007-16年) ---73
e-2) 年齢別人口構成(2014年) ---73
e-3) 年齢別人口予測(2015-17年) ---74
e-4) 年齢層別人口構成長期予測(2010-25年) ---74
e-5) 平均余命(1995-96、2005-06年) ---75
e-6) 上位10位の原因別死亡数(2004、14年) ---75
e-7) 管轄別病院数及び病床数(2011-13年) ---76
e-8) 管轄別病院数(2009-15年) ---76
e-9) 管轄別病院の病床数(2009-15年) ---77
e-10) 入退院数及び外来患者数(2009年) ---77
e-11) 管轄別入院患者数(2009-15年) ---78
e-12) 管轄別病院の医療従事者数(2010-13年) ---79

f) ヴェトナム
f-1) 都市・農村別人口(2010-14年) ---81
f-2) 平均余命(2011-2015年) ---81
f-3) 女性一人当出産数(2005-14年) ---82
f-4) 保健医療施設数(2011-15年) ---82
f-5) 管理別保健施設数(2010-15年) ---83
f-6) 病床数(2011-2015年) ---83
f-7) 医療従事者数(2010-14年) ---84

g) フィリピン
g-1) 男女別人口推移(2006-2015年) ---86
g-2) 年齢層、性別、人口(2010年) ---86
g-3) 出生数・死亡数推移(2004-14年) ---87
g-4) 上位10位の死因、死亡数、性別(2014年) ---87
g-5) 上位10位の有病数、疾病率(2014年) ---88
g-6) 医療従事者数(2005-12年) ---88
g-7) 原因別届出伝染病(2010-14年) ---89
g-8) 病院数・病床数推移(2005-14年) ---90
g-9) GDPに対する医療総支出(2010-13年) ---90
g-10) 人口1人当たりの医療支出(2010-11年) ---90
g-11) 医療支出額(2012-13年) ---91
g-12) 医療支出割合:資金源別(2012-13年) ---91

h) マレーシア
h-1) 推定人口:年齢層・性別(2012年) ---93
h-2) 平均余命:年齢層・性別(2008-12年) ---93
h-3) 証明された主な原因別死亡数(2005-08年) ---94
h-4) 医療従事者数(2002-08年) ---94
h-5) 公立病院入院の主原因(2007-08年) ---95
h-6) 公立病院及び専門医療機関数(2004-08年) ---95
h-7) 公立病院、医療機関の病床数(2004-08年) ---95
h-8) 私立病院、老人保健所の数(2004-08年) ---95

i) シンガポール
i-1) 人口と成長率(2008-12年) ---97
i-2) 年齢別・性別人口(2008-13年) ---98
i-3) 人種別・性別・年齢別人口(2013年) ---99
i-4) 原因別死亡数(2009-2013年) ---100
i-5) 特記すべき疾患(2009-2013年) ---100
i-6) 病院数・病床数(2009-2012年) ---101
i-7) 入院数・外来数(2009-2012年) ---101
i-8) 医療従事者数(2009-2013年) ---102

j) インドネシア
j-1) 人口推移(2000、2010年) ---104
j-2) 疾病別死亡数(2008、2010年) ---104
j-3) 総合病院、専門病院数(2007-10年) ---104

k) ミャンマー
k-1) 人口推移(2001-017年) ---106
k-2) 年齢層別人口構成×性別(2014-17年) ---106
k-3) 出生数・死亡数(2014-15年) ---107
k-4) 平均余命(2014-2015年) ---107
k-5) 原因別死亡数・公的病院のみ(2015年) ---107
k-6) 原因別有病数と比率(2015年) ---108
k-7) 医療及びヘルス施設数(2012-17年) ---109
k-8) 医療従事者数(2005-15年) ---109

l) カンボジア
l-1) 世帯数人口(2008、13年) ---111
l-2) 年齢層別人口(2008、13年) ---112
l-3) 年齢層別人口構成比 (2008、13年) ---113

m) インド
m-1) 人口推移(1901-2011年) ---115
m-2) 性別人口比率(1991、2001年) ---115
m-3) 予測出生率、死亡率死亡率(1991-01年) ---116
m-4) 病因別発症数(2004、06、07年) ---116
m-5) 病院数、病床数(1996-06年) ---117
m-6) 登録看護職員数(2000-05年) ---117
m-7) 認定免許取得医師数(2003-07年) ---118
m-8) 医療施設数(2011年) ---118

n) スリランカ
n-1) 年齢層別人口推移(2013-15年) ---120
n-2) 年齢層別死亡数(2007-09年) ---121
n-3) 原因別死亡数(2005-09年) ---122
n-4) 年齢別平均余命(1971、1981、2001年) ---123
n-5) 出生数(2000-11年) ---123
n-6) 病院、病床、従業員、患者(2005-10年) ---124

o) バングラデシュ
o-1) 都市部の世帯数・人口(2001年) ---126
o-2) 性年齢別人口(1991、95、96、01、11年) ---126
o-3) 平均余命(2005-2016年) ---127
o-4) 地域・総合病院の入院・死亡数(2011年) ---127
o-5) 病床数・入院日数・病床占有率(2011年) ---127
o-6) 原因別死亡率(2011年) ---128

C) 欧米国別データ
a) 米国
a-1) 性別、年齢別人口予測(2010、16年) ---130
a-2) 年齢別将来人口推計 ---131
a-3) 原因別死亡数、死亡率(2014、15年) ---132
a-4) 性別、年齢別、人種別平均余命(2014年) ---134
a-5) 美容形成外科手術数(2014-16年) ---135
a-6) 臓器移植及びグラフト(2010-16年) ---136
a-7) 専門別医師数(2010-2013年) ---137
a-8) 州別活動中の医師と看護婦(2013年) ---138
a-9) ナーシングH、病床数、居住者数(2015年) ---139
a-10) 癌患者の生存率(1999-2013年) ---140
a-11) 40歳超のマンモ使用率(2013、15年) ---140
a-12) 全米医療支出(2000-15年) ---141
a-13) 全米医療支出予測 ---142
a-14) 一人当たり全米医療支出 ---143
a-15) 肥満率(20011-14年) ---144

b) カナダ
b-1) 人口推移 (2007-17年) ---146
b-2) 年齢層別・性別人口(2016年推計) ---146
b-3) 男女別人口推移(2007-16年) ---147
b-4) 人口動態(2014年) ---147
b-5) 原因別死亡数(2011-13年) ---148
b-6) 医療費・医師数・病床数(2006-11年) ---149
b-7) ヘルスケア指標(2016年) ---149

c) ドイツ
c-1) 人口推移 ---151
c-2) 年齢層別・性別人口(2016年) ---151
c-3) 男女別人口推移(2007-16年) ---152
c-4) 人口動態(2007-16年) ---152
c-5) 平均余命(2016、2060年) ---152
c-6) 原因別死亡数(2013-15年) ---153
c-7) 医師/看護師数、病床数(2013-15年) ---154
c-8) 入院患者の手術数(2015年) ---155
c-9) 医療支出(2012-2015年) ---156
c-10) 医療支出、GDP比(2012-15年) ---156

d) イギリス
d-1) 人口推移 (2006-15年) ---158
d-2) 年齢層別・性別人口(2016年) ---158
d-3) 男女別人口推移(2007-16年) ---159
d-4) 人口動態(2015年) ---159
d-5) 平均余命(2015、2050年) ---159
d-6) 原因別死亡数(2013-15年) ---160

e) フランス
e-1) 人口推移 (2006-2015年) ---162
e-2) 年齢層別・性別人口(2016年) ---162
e-3) 男女別人口推移(2007-2016年) ---163
e-4) 人口動態(2015年) ---163
e-5) 平均余命(2915、60年) ---163
e-6) 原因別死亡率(2012-14年) ---164

f) イタリア
f-1) 人口推移(2006-15年) ---166
f-2) 年齢層別・性別人口(2016年) ---166
f-3) 男女別人口推移(2007-16年) ---167
f-4) 人口動態(2015年) ---167
f-5) 平均余命(2015、2050年) ---167
f-6) 原因別死亡数(2013-15年) ---168

g) スペイン
g-1) 人口推移 (2006-15年) ---170
g-2) 年齢層別・性別人口(2016年) ---170
g-3) 男女別人口推移(2007-16年) ---171
g-4) 人口動態(2015年) ---171
g-5) 平均余命(2015、2050年) ---171
g-6) 原因別死亡数(2013-15年) ---172

h) ロシア
h-1) 人口推移(2008-2017年) ---174
h-2) 年齢層別・性別人口(2017年) ---174
h-3) 男女別人口推移(2001-17年) ---175
h-4) 人口の都市部と地方(2008-17年) ---175
h-5) 男女別人口予測(2020-2050年) ---176
h-6) 年齢層別人口予測(2020-2050年) ---176
h-7) 平均余命(2000-16年) ---177
h-8) 原因別死亡数(2010-16年) ---178
h-9) 医療施設数(1940-16年) ---179
h-10) 医療従事者数(1940-16年) ---179
h-11) 科別医師数(2000-16年) ---180
h-12) ナース数(2000-16年) ---181
h-13) 病院の手術数(2016年) ---182
h-14) 科別病床数(2000-16年) ---183
h-15) 有病数  ---184
掲載見本
見本